vsガンバ大阪(2022明治安田生命J1リーグ 第13節)

柏の保持 【4-4-2】に対して【3-1-4-2】の優位性

  • 「ポゼッション」に悩みを抱える柏だが、この日は穏やかにボールを保持しながら攻撃を行なうことができた。
  • ビルドアップ隊からの縦パスがライン間に刺さる場面が多く見られた。また、中盤でボールを受けた選手も、そのままターンしながら前に運び、多くのチャンスを創出することに成功している。
  • なぜこの日に限ってビルドアップが上手くいったのか?
  • それは、【システムの噛み合わせ】が一因であると考えられる。

(7:17、8:10、13:15、16:50、19:10などから抜粋)

  • 柏は【3CB】でビルドアップをスタート。対してガンバのプレッシングは基本的にFWの【2枚】が担当ふる。ここで【3vs2】という数的優位の局面を確保できる。
  • 特に左からの前進が多かった要因として、古賀が【ボールを運ぶこと】が出来るほか、両足でボールを扱うことができるため【パスコース】を選択することができる事が大きい。反対サイドの高橋とのキャラクターの違いと言っていい。
  • 【ビルドアップの出口】についても、柏のCH【3枚】に対して、ガンバのCHは【2枚】。ここでも数的優位を確保できる。どこかを埋めるとどこかが浮く構図。小屋松が状況を見ながらボールを受けに降りていくことも、ガンバの守備者を困らせる要因にもなっていた。
  • このように、初期配置で位置的な優位性を確保できたことが、スムーズなポゼッション、ビルドアップに寄与した。ポゼッションで敵陣まで侵入することで、例えボールを失った際ももう一度敵陣で守備をやり直すことができる。得意のハイプレス〜ネガトラを繰り出すことができるため、二次攻撃へと繋がりペースを握ることに成功した。

柏【5-3-2】の泣き所から生じるズレを使うガンバ

  • 一方のガンバも保持からチャンスを創出する。
  • 柏非保持【5-3-2】に対して、ビルドアップ隊に【GK+2CB+CH】の4枚を組み込みながらボールを握るガンバ。中盤は右SHの石毛を内側に配することで菱形に近い形だった。
  • 柏に限らず【5-3-2】は、【相手のSBへのアプローチ】と【そこから生じるズレの解消】が一つの課題・テーマである。対戦相手としてはそのズレを突くことが攻略に繋がるわけだが、ガンバもしっかりとスカウティングを行っている様子が窺えた。
  • 柏は基本的にWBを上げることで相手のSBを対処し、敵陣でのプレッシングを行いたい。
  • 実際にこのゲームでペースを握った時間帯や広島戦の後半など、大南・三丸の両WBが敵陣までアプローチが出来ている時は内容も伴っていることが多い。

  • 「それならば」とガンバは、大南の空けた背後のスペースを使うことでプレッシングを回避し、柏陣地への侵入を目論む。
  • 大南が相手のSBへアプローチに出た際の背後のスペースに走り込まれて、サイドの深い場所までボールを運ばれるシーンや裏を取られる場面が見られた。(ループシュートのシーンなどが良い例)
  • 繰り返し狙われていた場所でもあり、柏攻略としてスカウティングの段階から仕込まれていたものと思われる(さすが片野坂監督)。
  • また、ガンバのビルドアップ隊4枚(【GK+2CB+CH】)に対して、柏は2トップなのでさすが追いきれない。中央からの前進に蓋をしてサイドに追い込んだとしても、ビルドアップをやり直されて逆サイドに振られてしまうとスライドが追いつかずにジリジリとラインが後退する場面も見られた。
  • 【5-3-2】の泣き所であるサイドのスペースを効果的に攻略した前半のガンバだった。

一転してボールが運べなくなる柏 ガンバの修正

  • 互いに保持からチャンスを創出する見ごたえのある内容だった前半から一転。後半は、膠着した展開となった。
  • 一番大きな変化・要因として、両チームの【システム変更】が挙げられる。
  • 柏は【5-3-2】から【3-4-2-1】へ、ガンバは【4-4-2】から【3-4-2-1】へそれぞれ変更を行ったことでミラーゲームとなる。
  • このシステム変更の意図を探る。
  • まず柏は【5-3-2】でサイドのスペースを使わてしまったことへの修正だ。今季のネルシーニョ監督は【5-3-2】でスタートしても、サイドから崩される時間が増加すると【3-4-2-1】へ変更することが多い(名古屋戦など)。相手のSBにアプローチが掛からず、生じたズレから前進されてしまう状況を解決したかったものと思われる。
  • 一方のガンバも噛み合わせのミスマッチは如何ともし難く……といったところだろう。【4-4-2】で曖昧になったマーカーを明確にする。守備の基準点を整理するシステム変更であった。
  • この変更でペースを掴んだのはガンバだった。
  • 柏は自然体で確保出来ていた位置的優位を手放すことになる。位置的な優位性を使いながらのビルドアップであったため、ピッタリ枚数を合わせてきたガンバの守備に対応できなくなってしまう。
  • 劣勢時に散見されるビルドアップがサイドで詰まり、被カウンターからジリジリとラインが後退する悪循環に陥る。
  • 加えて、前半は【5-3-2】でカウンター要員が2枚だったことに対して、後半は【3-4-2-1】で細谷1枚。ポゼッションで時間が確保できないのならばFWがボールを収めることで時間を作り陣地を回復する必要があるものの、さすがに細谷1枚では相手のマークも集中してしまう。
  • FWが孤立することで空中戦の勝率も低下するほか、セカンドボールの回収も難しくなる。ビルドアップで時間が作れないため、そもそも細谷に入るボールが無理目な質の低いボールになってしまった。
  • 終盤はガンバが強度を落としたことで再び敵陣に押し込む展開となったものの時間切れ。
  • 加藤はよく絡んだと思うが、もう少しプレー時間が欲しいというのも本音のところ。手塚同様に、ビルドアップ隊が時間を届けてあげられたら輝けるタイプだと思う。

雑感

内容の再現性、意図的に確保した優位性だったのか。

www.targma.jp

  • あとは決めるだけ……といった内容だった。監督や選手もコメント読む限りではそれほど悲観していない模様。本当に「結果だけ」が足りなかったと。
  • しかしながら、相手に修正が入った途端に劣勢を強いられ、跳ね返すことができないというのも、果たして「内容は良かった」と手放しで喜んで良いものか悩ましいところ。
  • 【3-1-4-2】という「初期配置での位置的優位性」はガンバをスカウティングした上での選択ではなく、広島戦・浦和戦からの継続によるもの。
  • 意図的に確保した優位性ではないと思われることから、内容の再現性については懐疑的に捉えた方が真実に近いような気はする。

vsサンフレッチェ広島(2022明治安田生命J1リーグ 第11節)

【3-4-2-1】から【5-3-2】への変更と意図

  • 柏は前節までの【3-4-2-1】から【5-3-2】へ変更。
  • 意図としては、【ハイプレスを用いる広島の背後を狙う枚数を増やしたかったこと】、守備の時間が続き【自陣に押し込まれた際にFWが孤立してしまう事への対応策】の二点であると考えられる。
  • 実際に前半からアンジェロッティが背後に抜け出して右サイドで勝負する局面が複数回(15分、34分など)見られたほか、同点弾についてもFWが2枚存在したため、中央から崩す事ができた。
  • また、ポゼッションの局面でビルドアップに詰まり、前線にボールを蹴り出したとしても1トップよりも2トップの方がターゲットが多く、マイボールに出来る確率は高くなる。
  • 試合全体を通じた印象としても、現状のスカッドでは【5-3-2】が最適解であるように感じた。ポゼッションで主導権を握る事のできない展開になったとしても、前線で時間を作るための手段を確保することができる。
  • リーグ序盤の好調についても、ポゼッションやビルドアップに代わる【ロングボール】という陣地回復の手段を持っていたことが大きい。
  • 以上のような観点から考えたら、ある意味では原点回帰の【5-3-2】採用であると言える。

柏・広島 それぞれの狙い

広島のハイプレス

  • 広島の狙いはハイプレス。
  • 敵陣での同数プレッシングからショートカウンターへ繋げる。
  • その際、CHやWBまでも敵陣に送り込む。前傾姿勢になり、DFラインが柏のアタッカーと同数になる事やDFラインの背後に広大なスペースが生じるリスクを受け入れてでも、敵陣でボールを奪いに行く。非常にアグレッシブな姿勢だった。

柏の【疑似カウンター】

  • 柏の狙いは、自陣保持で広島を引き付けてから背後のスペースを狙うという【疑似カウンター】にあった。以下、監督と古賀のコメントを抜粋。

「相手も前から守備に出てくるチームでしたし、あとは最終ラインの人数が3枚だけの状態があるので、そこをうまく突いていくというのは、練習から準備してきたところではありました。

www.targma.jp

我々がボールを握って主導権を握るだけのスペースはありましたので、相手を引き出してからの判断、相手が空ける背後のスペースをもう少し効率よく突いていけるように選手たちに指示を出し、後半に入ってから選手たちがピッチの中で修正してくれたことで我々が優位にボールを動かせたと思います

www.targma.jp

  • 相手の背後のスペースを使うためには、相手に前傾姿勢になってもらう必要があった。そのために柏は、自陣保持から攻撃を組み立てる事を目指していく。2トップを選択した事も辻褄が合う。

広島のプレッシングを越えられない柏

  • 柏は【疑似カウンター】を目指したものの、広島のプレッシングを越えられず、思うような前進ができなかった。
  • ボール保持者に選択肢を与えようと、前線の選手が自陣に降りていく。しかし、同時に広島の選手も付いてきてしまうために、自らパスコースやスペースを潰すことになってしまった。
  • 24分、30分には中村を古賀の横に降ろす場面が見られる。三丸を高い位置に移動させることでポゼッションからの前進を目論むものの、広島のプレッシングを回避するには至らなかった。
  • 稀にシンプルなロングボールを2トップや相手の背後に入れる事で効果的に敵陣へと迫るシーンも見られたが、あくまで保持からの前進を優先しているように見えた。
  • 個人的には2トップを積極的に活用していく意味でも、もう少しロングボールを増やしても良いような印象を受けた。
  • 柏はポゼッションやビルドアップのミスを突かれ、広島の得意なシチュエーションでゲームが推移する。得意なハイプレスから柏陣地でゲームを進める事に成功する広島。

ポゼッションで陣地回復を図る広島

  • ボールを失う回数が増える柏。広島がボールを保持しペースを握る。
  • 広島はポゼッションの局面へ移行した際も、柏の2トップに対して3CBという数的優位を活かした前進によって効果的に陣地を回復していた。
  • 敵陣でボールを奪うためには、陣地を敵陣まで回復しておく必要がある。そのための手段としてポゼッションを選択した広島だった。
  • 【5-3-2】を採用した柏は、全体が高い位置を取る事が出来た際はネガティブ・トランジションへの移行もスムーズである一方、WBがピン留めされると後ろに重たくなってしまう弱点がある。広島のビルドアップ隊に時間を作られてしまい、三丸・大南が中々前へと出ることが出来なかった。

逆転弾は理想的な敵陣でのプレッシングから

  • 主導権を握られ、幾度も決定機を与えた柏。スンギュのビックセーブで何とか失点を凌ぐうちに、次第にペースを握り返す。
  • 後半に入ってからシンプルなロングボールが増加した。早めに縦に付ける。2トップという事もあり、比較的ボールが収まりやすかった。細谷・アンジェロッティ・サヴィオの距離感も近く、セカンドボールの回収も概ね良好だった。
  • 素早く敵陣にボールを送り込みながら陣地を回復する。敵陣でプレーする事が出来れば、例えボールを失ったとしても、自分達が守るべきゴールから最も遠い敵陣で守備を始める事ができる。
  • 逆転弾も敵陣でのプレッシングからショートカウンターである。WBが高い位置までプレッシングに出られており、理想的な展開だった。

  • また、時間経過とともに広島のプレッシングの強度が低下したことも一因と考えられる。相手がボールを奪いに来なければ、こちらがボールを握る時間が増えてくる。サッカーという競技では、フィールド上にボールは一つしか存在しない。
  • 広島のプレッシングには強度が求められる。気温上昇と疲労蓄積の影響でブレーキの掛かるタイミングは必ずある。広島サイドからすれば、前半でゲームを決められなかった事が悔やまれる結果だった。

vsサガン鳥栖 (2022明治安田生命J1リーグ 第10節)

ルヴァン杯3節からの変更点

 このゲームを戦う上で現場でもスカウティング材料にしたであろうルヴァン杯・3節のレビュー。

hitsujiotoko09.hatenablog.com

柏の【5-4-1】継続に対し、鳥栖は【3-4-2-1】を選択

  • 柏は【5-4-1】を継続し、鳥栖は【4-3-1-2】から【3-4-2-1】へ変更。
  • 柏については、直近リーグ戦で連敗中。ルヴァン杯札幌戦でも結果こそ劇的であったものの、内容は今一歩。時間が空いたこともあり、システムにも変更を加えてくる可能性も考えられた。しかしながら、ターンオーバーの影響か離脱者が多数ということもあり、慣れ親しんだシステムの継続を選択。
  • 鳥栖については、そもそもルヴァン杯・3節がフルメンバーではなかったことから当然の変更。後述するが、柏の【5-4-1】に合わせてきたと考えられる。

開始10分間の駆け引き

 立ち上がりは柏が高強度のハイプレスで主導権を握り掛けたものの、時にロングボールを組み込みながら柏のハイプレスを回避、ボールを保持し、次第にゲームの主導権を握っていく鳥栖――というゲームの構図だった。

  • 柏の立ち上がりは決して悪いものではなかった。ロングボールでの陣地回復から敵陣でのプレッシング、そしてショートカウンターへ移行する流れは好調を維持していたリーグ序盤を想起させるものだった。川崎戦、京都戦と保持に固執するあまりに、悪循環に陥った流れを払拭した印象さえあった。
  • 鳥栖は立ち上がり当初、柏のプレッシングに対して、足下での保持・前進を目指す。細谷のサイドに誘導するプレッシングから狭いエリアに押し込まれる。柏の強度の高いプレッシングを受けてボールを繋ぐことがでぎず、カウンターの機会を与える場面が何度か見られた。
  • 柏は敵陣でのボール奪取からカウンターを繰り出し、PA内への侵入やセットプレーの獲得にまで至るシーンが何度が見られた。WBの三丸がファイナルサードで仕事をしている事からも、好循環でゲームに入ったことが分かる。
  • しかし、鳥栖も黙ってプレッシングを受け続けるような真似はしない。具体的には、ロングボールでの柏のプレッシング回避・無効化を図る。

  • ハイプレスを行う柏は、換言すれば「前傾姿勢」であるとも言える。最終ラインの背後に広大なスペースが生じている。
  • 鳥栖は「保持」をゲームモデルに組み込みながらも、状況に応じて背後のスペースを目掛けてロングボールを蹴ってくる柔軟さを有していた。
  • 鳥栖のロングボールによって、柏はハイプレスを無効化され、ジリジリとラインが後退。ボールの奪取位置が低くなる。
  • ボール奪取位置が低くなった柏は、自陣での保持を余儀なくされる。
  • ロングボールで陣地回復を図った鳥栖は、敵陣(柏陣地)でプレッシングを行うことができる。そのままボールを奪うことができればショートカウンターを繰り出すことができるし、例えボールを奪えなかったとしても、ビルドアップに詰まった柏がロングボールを蹴り出すことになれば鳥栖は自陣からもう一度攻撃を開始することができる。
  • 「自陣からの保持」での攻撃。それは、ポジショナル・プレーを行なう鳥栖にとって、一番得意なシチュエーションである。

修正を入れてきたっぽいハイプレス

サイドで奪ってからカウンター、ロングボールによる前進で陣地回復

  • ポジティブに捉えるならば、あれだけ「保持」のクオリティが高い鳥栖に、ロングボールを使わせた――とも表現できるだろう。
  • 京都戦の失点シーンで露呈したハイプレス時にどこまで付いていくのか問題は徹底した前ズレという解答を用意。特にCHがどこまで行くのかという点においては、「どこまでも」といった印象を受けた。WBもきっちり前にアプローチし、相手に時間を与えない。
  • ハイプレスとは、前傾姿勢になることで背後にスペースが生じるリスクを受け入れることでもある。さすれば【徹底した前ズレ】は、振る舞いとしては正しい。スペースではなく、人やボールを基準に意思決定が行われるべきだと考える。
  • 細谷のサイドに誘導するプレッシングから、サイドの狭いエリアに押し込ん窒息させ、そこからカウンターへ転じる――リーグ序盤、好調を維持していたころに見られたシーンが再現された立ち上がりだった。

自分たちの得意なシチュエーションに持ち込む手段の豊富さ

  • 時間の経過とともに、鳥栖は保持でも柏のプレッシングを回避していく。
  • ロングボールからの前進→トランジションの流れで、柏を自陣に押し込むことに成功した鳥栖は、ビルドアップ隊が時間を保有することになる。
  • 柏としても自陣低い位置からのプレッシングは現実的ではなく、一旦【5-4-1】をセットしたところから守備を始める必要があった。
  • 【5-4-1】は自陣にセットした際、シャドー(サヴィオ、鵜木)が相手のSBを見なければならないことから、細谷が孤立するというデメリットを内包する。一旦、押し込まれると陣地の回復が難しい。
  • プレッシングの上手な細谷と言えども、たった1枚で鳥栖のビルドアップを牽制することは難しい。ましてやゴールキーパーまでもをビルドアップに組み込み、保持を強みとする相手ならば、なおのことである。
  • また、時間の経過とともに柏のプレッシングに慣れていく鳥栖。細谷のプレッシングについて、サイドへの誘導が目的であることを察知すると、1トップで孤立しがちな細谷の周辺から、つまり中央からの前進を行うようになる。

 「保持」を強みとするチームが「保持」の局面に持ち込むための手段――そして「保持」からの振る舞い方、選択肢の豊富さについては、さすがと言うほかなかった。

 そもそも「ポジショナル・プレー=保持・ポゼッション」ではないから当然といえば当然だが、「保持」するためであれば、時としてロングボールでの前進も厭わない柔軟性からは、「なぜ自分達はボールを保持したいのか?」「なぜ自分達はボールを保持するのか?」という戦術そのものが示す考え方・思想がチーム全体に浸透している印象を受けた。

鳥栖の【3-4-2-1】プレッシングと柏の保持について

  • 鳥栖のプレッシングは、【3-4-2-1】でミラー気味。柏のビルドアップに同数で噛み合わせる形を採用。それに対して柏は「保持」という解答を用意。
  • 相手がボールを保持したいならば、自分達がボールを保持し、相手にボールを渡さなければいい。
  • ロジカルではあるものの、ゴールキーパーをビルドアップに組み込まない柏は、パスコースを見つけることができない。探している間にも、鳥栖はボールを奪いにきてしまう。サイドにボールを逃し続け、WBのところでボールが詰まる。時間と選択肢のない状態でボールを受けたWBは、無理なボールを蹴り出す以外になかった。
  • 思うところはあるが、ツイッターの方でぶちまけているので割愛。

 

【備忘録・予習】vsサガン鳥栖 (YBCルヴァンカップ グループステージ 第3節)

 多少時系列は前後するものの、ルヴァン杯3節を見返したので備忘録。

 鳥栖がボールを「保持したい」チームであることから、基本的には鳥栖の保持でゲームが推移した。柏としてもボールを持たされる展開よりは、【敵陣でのプレッシングからカウンター】を繰り出せる展開の方が望ましいため、相性としては悪くないはずだった。

 互いに得意な局面・状態でゲームを進められる、いわば矛楯(ほこたて)のような構図。しかしながら、ゲームは圧倒的に鳥栖が支配し、結果こそドロであったものの、内容は柏の完敗に終わる。

ボールを保持され続ける展開

 鳥栖は「保持」をゲームモデルとして掲げていることもあり、ボールを握るために「奪う」こと、そして「保持からの攻撃」には一時の長があった。

 余談ではあるが、前任監督のアレコレや厳しい財務状況によって大幅にメンバーを入れ替えることになったものの、引き継いだ川井監督も「保持」を仕込むことには定評があり、基本的には継続路線。厳しいシーズンになりそうだと思っていた反面、川井監督であればそれなりのチームに仕上がるのではないかという希望もあった。今の順位もそれほど驚くものではないと考える。

鳥栖の【保持からの前進】

 大枠としては、ポジショナル・プレー。ボールを握りながら、配置で相手を殴るサッカーだ。

 GKまで組み込んだ保持で時間を確保しながら、前進〜崩しの部分では、FWが相手CBを、WBが相手SB(WB)をそれぞれピン留め(張り付け)する。IHもしくはシャドーの選手がビルドアップの出口になりつつ、裏抜けまでを担う。前線の選手のピン留め、そしてGKのビルドアップ参加で圧倒的な数的優位を確保しつつ、ボールと時間をコントロールしながら、ゲームの主導権を握るというもの。

  • ビルドアップは「可変」と表現されることも多く、流動的で多彩。
  • 分解していくと【3枚のCB+CH一枚】【GK+右肩上がり4バック化】が基本。
  • しかしながら、相手のプレッシングを見ながら形を変えていく。
  • GKがポゼッションに参加してくるので、プレッシング側はどうしても枚数が足らなくなる場面が見られる。普通のGKであればセーフティに逃げるところも、躊躇なく狭いスペースにボールを入れてくれるので、プレッシング側としても心が折れてしまう。
  • 構造的に守備側は【プレッシング隊】と【ピン留めされる最終ライン】でスペースが開いてしまう。
  • 柏の敵陣プレスは【5-2-3】。3CBにドウグラス、サヴィオ、小屋松をぶつけることで【3vs3の局面】を作り、相手からパスコース・選択肢を奪い、ショートカウンターからの得点を目指した。
  • しかし、GKを組み込んだ横幅を広く使うビルドアップを牽制できない時間が続く。特にドウグラスの負担が大きく(追いかける距離が長い、複数の相手を見なければならないなど)、あっさりと無効化されて中央からの前進を許す場面が立ち上がりに見られる。
  • また、そうした中央からの前進を塞ぐためにシャドーのサヴィオ・小屋松がサポートに入るものの、今度は二人が空けたサイドのスペースから前進されてしまう。
  • 柏のプレッシングを見て、動かしながらの前進はとても洗練されていた。
  • ボール保持者が【時間を届ける】意味と重要性を改めて認識させられる素晴らしいビルドアップだった。

ボールを握るためには

 なぜ前からプレッシングを行うのか?
 なぜネガトラの強度を高めるのか?

 答えは、相手からボールを奪うため。サッカーという競技では、ピッチ上にボールは一つしか存在しない。さすれば、自分たちがボールを握りたければ、【相手からボールを奪う】必要がある。ハイプレスもゲーゲンプレスも相手からボールや時間を奪うための手段でありアクションと考えて良い。

 そこで鳥栖。ボール保持をゲームモデルとしているだけあって、ボールを奪い返す手段の豊富さと強度の高さはさすがという他なかった。

鳥栖の【4-3-1-2】プレッシング

  • 特に興味深く感じたのは2トップ+トップ下のプレッシング。柏保持時にCB→CHへのパスコースを3枚で牽制しつつ、片方のサイドにボールを誘導。
  • サイドにボールが渡った段階で、逆サイドのFWとCHが圧縮して柏の逆サイドへの展開を封じる。(狭いエリアに閉じ込めてしまう)
  • 逆サイドへの展開を封じるFWの立ち位置が、ボールを奪い返したあとの起点となる仕組は実に見事なものだった。

 ポゼッションでの対抗を挑む柏だが、鳥栖の高強度・ハイクオリティなプレッシングを受けて、ボールと時間を前線に届ける事に苦慮。

 ビルドアップ隊に選択肢を与えようと三丸や小屋松がボールを受けに自陣へ降りて行くものの、相手選手までもを同時に連れて行ってしまう。加えて、中盤の選手が降りた結果、前線でドウグラスが孤立する陣形に。

 相手守備者を自陣に引き寄せてしまい、スペースもパスコースを失う。長いボールでのプレッシング回避を試みようにも、最前線のドウグラスは孤立状態で、空中戦の勝率が著しく低下。セカンドボールを拾うタスクを担う小屋松・サヴィオも、ビルドアップ隊の救護のために自陣まで戻っており、再び鳥栖ボールで攻撃が再開される。

鳥栖ボールの攻撃」=「鳥栖の得意とする自分たちがボールを保持する状態」

 これを永遠に繰り返す展開だった。鳥栖のプレッシングに対して、ポゼッションで対抗したことが、結果的に悪循環を招くことになった。

柏の負けパターンとゲームを優位に進めるために必要な事

 リーグ戦直近2ゲームの敗戦も基本的には同様の構図であると考える。

 【プレッシング】が得意な相手に対して【ポゼッション】で挑み悪循環。確かに磐田戦での成功体験は忘れがたい。ポゼッションで圧倒する内容は魅力的かつ、過密日程を戦い抜く上で、自らがボールを握り、ゲームをコントロールする時間も求められるだろう。

 しかしながら、柏の長所はミドル〜ファイナルサードでのプレッシングからのカウンターであることは言うまでもない。

 今季のスカッドを鑑みた際に、最も理想的だも思われる内容は2節マリノス戦であろう。「ボールを握りたい」「ボールを奪いたい」相手のプレッシングに対して、徹底的にボールを放棄し、長いボールをハイラインの裏に落としていく。

 相手を背走させながら陣地を押し上げ、敵陣でのプレー時間を増やす。それならば、例えボールを失ったとしても、そこは柏の得意なハイプレスを繰り出せる敵陣である。守備のフェーズへ移行するに際しても、自陣でボールを失うよりはずっとリスクが低い。

 長くなったが、鳥栖を相手に優位にゲームを進めるためには

  • いかにプレッシングを回避できるか?
  • 敵陣でプレーできるか?

 といった点が分水嶺になるものと思われる。

vs京都サンガF.C. (2022明治安田生命J1リーグ 第9節)

f:id:hitsujiotoko09:20220418142556p:plain

京都のハイプレスに対してポゼッションでの前進

 京都の【高強度プレッシング】に対して【ポゼッションでの前進】を選択した柏。結果・内容、共に圧倒した磐田戦以降、ビルドアップに自信を持った様子で、良いものは変えないと継続。京都に対しても同様に【ポゼッションでの前進】を目指したものの、結果的に京都が一番得意なシチュエーションでゲームを進めることになった。

京都の【4-3-3】外切りプレッシング

f:id:hitsujiotoko09:20220418144714p:plain

  • 京都のSHは、柏のCB(GK)→SBへのパスコースを消しながらボールを中央に誘導する【外切りプレッシング】
  • 柏は【ポゼッションでの前進】を目指すものの、ボールの逃し場所を封じられてパスが引っ掛かる
  • 京都は、中央の高い位置でボールを奪取できる上に、その瞬間の柏は可変ビルドアップで配置が崩れた状態
  • 柏の守備が整う前にウタカのフィジカルや両SHのスピードを活かしたショートカウンターでゴールに迫る

柏の回避方法

f:id:hitsujiotoko09:20220418150347p:plain

  • 対抗する柏は【外切りプレッシング】の外にボール逃がすことで回避を図る
  • 京都SHは柏SBのマークを放置してボールを奪いに来ている=柏SBはフリーな状態
  • なので、京都SHの外側にボールを届ける事が出来れば、SBがボール運んで陣地の回復が可能
  • 左サイドからの前進が多かったのは、太陽の引き出しの多さによるもの。相手を引き付けて(相手を動かして)三丸へのコースを創出したり、小屋松を経由したりするなど、さすがのスキルを感じた

www.targma.jp

−京都の強度の激しい守備に対して、どのようにボールを前進させていく狙いがありましたか?「(中略)サイドのスペースを、背後をうまく使っていくところは狙えたシーンは何度もあったと思います」

【ポゼッションでの前進】という選択について

  • 【ポゼッションでの前進】を選択した理由については、京都のプレッシングを「剥がせる」と判断してのものだと思われる
  • しかしながら、プレスの得意なチームが全力でボールを奪いに来た際に逃げ切れるほど、柏のポゼッションは洗練されておらず中々厳しい展開だった
  • 結果的に「剥がせなかった」訳ではあるものの、昨季比で改善傾向にあり、更には磐田戦での成功体験で自信を付けた様子は窺える
  • しかしながら、ポゼッションは手段であるほか、柏の長所は決してポゼッションではない
  • 井原監督代行や太陽もコメントで述べている通り、もう少し長いボールを使ってもよかった
  • 相手がハイプレスを行う=細谷のスピードを活かせる局面でもあったからだ
  • 意図的か偶然かはさておき、シンプルに細谷やサヴィオを背後に走らせて陣地回復を図ったからの敵陣保持は悪くなかったように思う
  • 京都の得意な「ハイプレス」を繰り出すことのできるシチュエーションで戦うことになってしまった点については、どうにも見ていて切ないものがあった
  • これは選手を送り出した監督以下コーチングスタッフに問題がある、と個人的には考えている

京都の前進と柏のプレッシング

 京都の保持からの攻撃は、自陣でボールを繋ぎながら相手のプレスを誘き寄せつつ、背後が手薄になったところに長いボールを刺し込むというもの。ウタカが同数で相手CBと戦うことが出来れば空中戦の勝率向上が図られるほか、スピードのあるSHを活かすことが可能。

f:id:hitsujiotoko09:20220418154555p:plain

  • GKを組み込んだビルドアップによって、自陣保持で時間を確保する
  • その目的は足下での前進というよりは、相手がプレスに出来てた時に長いボールで相手の背後に逃げるため、といった印象
  • 相手が前傾姿勢になれば、ウタカの空中戦の勝率向上にも繋がるほか、IHがセカンドボールを拾って二次攻撃へと移行しやすい
  • 京都1トップ+SHで柏の5バックを貼り付け(ピン留め)しつつ、プレスを誘発し、中盤にスペースが生じた局面では足下での前進(先制のシーン)
  • 柏はシャドー(サヴィオ、小屋松)の外切りプレスが剥がされた際に、京都のSBを誰が見るのか?という問題を解決できないままゲームが推移し、失点もそこから

  • 昨季から散見される事象で、立ち上がりにプレッシングが嵌まらなかった際に、ゲームを通じて修正が入らない点は非常に危惧するところ

雑感

攻守ともに完敗

  • 勝てば上位と意気込んだゲームでの完敗は中々に堪えるものだった
  • 相手が柏戦に備えて何かを大きく変えた訳ではないにも関わらず、手も足も出なかったところにチームとしての完成度が道半ばであることを痛感させられる内容だった
  • 強度が求められる戦術において、連戦による疲労の蓄積に伴う強度低下は致命的な問題
  • また、今オフにスリム化を図ったことによるスカッドの薄さがここ数試合は不利に働いている点も否定はできない
  • 開幕前にも触れたが、やはり「怪我人を出さない事」と「コンディションを維持すること」は今シーズンを戦う上で必要不可欠である

hitsujiotoko09.hatenablog.com

「ファーストブロック(1~5節)」感想・雑感・備忘録

降格候補大本命だったはずが、予想外にも好調なスタートを切った我が軍。

負けても一つも悔しくなかった去年と比較しても雲泥の差。

監督から「シーズンを6ブロックに分割、各ブロックで10ポイント獲得を目指す」とあり、昨日の名古屋戦でちょうど1つ目を消化したところ。

開幕からここまでのゲームを備忘録がてら振り返っておきたい。

www.targma.jp

【5-3-2】によるハイプレス・ゲーゲンプレスから速攻がメインシナリオ

  • 今季は開幕から【5-3-2】を採用
  • 遅攻よりもカウンター、縦に早く
  • 短所(自陣保持)を隠しつつ、長所(2トップの強さ・豊富なCB)を活かすことができるシステム・戦い方で、現時点の最適解
  • ボール奪取位置を高くすることで、自陣ビルドアップの構築を省略
  • 敵陣で圧力を掛ければ無理目なロングボールが飛んでくるので、強固で人材豊富な守備陣(CB)を活かすことが可能

タスクの多い2トップ

  • 2トップは、攻撃ではターゲットとして空中戦を戦いながら、相手の最終ラインを後退させるために裏抜けしつつ、守備では高強度のプレスが求められる
ロングボールのターゲットとして
  • 敵陣でプレスを掛けるためには、当然ながら、ボールと人を敵陣まで届ける必要がある
  • そこで2トップを活かしたロングボールによる前進、陣地回復
  • 速さ・高さ・強さを備えた2トップ(細谷・ドウグラス)が、相手CBを上回ることで自軍を押し上げる時間を作る(「産み出す」とか「捻出」の方が正しいかも
  • 開幕、2節と続けて相手に退場者が出たが、ずれもCBである。2トップが相手CBに勝負を挑み続けたことが一因
  • 例え空中戦に勝てなかったとしても、相手に自陣から攻撃をやり直させることができれば、高い位置でプレスが掛けられる
  • ただし、2トップが相手CBに上回ることができないと自陣に閉じ込めれて守備の時間が増加
  • 「自陣に閉じ込められる=ボール奪取位置の後退」なので、自陣での保持・ビルドアップが求められる
  • 特に顕著だったのは鹿島戦で、それ以外の各ゲームにおいても、劣勢の時間帯は2トップが前線で時間を作れなかった時である
プレッシングの起点として
  • 2トップのプレスが嵌まらないと当然劣勢に
  • 例えば開幕戦も11人の湘南には全く牽制が掛からなかったし、鹿島戦はロングボールでのプレス回避に後手を踏む
  • 名古屋戦も【5-4-1】へ変更するまでサイドから好き放題前進されて失点
  • 相手のビルドアップに対してのプレスはスカウティングの問題でもある

ビルドアップは改善しているのか?

  • 何となくよくなっている気がする保持・ビルドアップについて
【中村慶太】の存在
  • プレス耐性の高い慶太が時間を作り、ボールを落ち着かせる場面が見られる
  • ネガトラを剥がし、ポゼッションを安定期まで移行できれば、慶太や太陽、小屋松を中心に足元で繋ぎながら前進できる
  • ただ、仕組みで解決したというよりは、【中村慶太】という個の力で成り立っている印象
  • 不在時にどのようなリアクションになるかはもう少し観ないと分からない
  • 名古屋戦で代わりに入った川口は元より、プレス耐性の高い選手なので卒なくこなしているようにも見えた
  • しかしながら、ゲーム序盤、相手のインテンシティが高い状態ではさすがに苦労している様子(相手の運動量の落ちてプレス強度が低下してからはとても良かった)
2トップが背後を狙い続ける副作用
  • ここでも2トップ
  • ドウグラス・細谷が相手の背後を狙い続けることで、ネガトラ時にプレスよりもラインの後退を選択してくれることが増えた
  • 2020年後半に、オルンガ対策としてラインを後退させてボールを持たされることが増えた状況に近い
  • 慶太や小屋松、太陽がボールを運べるから、当時よりも保持がまともに見えるのかもしれない

雑感

  • ここまでの好調は2トップが複雑なタスクをこなしている事が大きい
  • 鹿島戦のようにそもそもプレスが嵌まらない状況を作られると厳しい展開に
  • FWに限らず、「個vs個」を10箇所作るような戦術なので各々が対峙する相手に勝てないとそこから決壊
  • つまり、圧倒的な個がいるチームに弱い(鹿島の鈴木や名古屋のマテウスのような)
  • 物凄くピーキーなチームという印象
  • 早い時間帯の退場であったり、戦術の相性の問題で拾えたゲームも
  • 細谷もこの活躍であれば継続的に代表に呼ばれるだろう
  • 嬉しい反面、疲労によるコンディション悪化が不安(でもそれは選ばれたものの宿命。頑張れ!)
  • 名古屋戦を欠場したドウグラスの安定稼働

羊男の備忘録

  • 湘南戦
    • 60分近くを数的優位で過ごす
    • 湘南は撤退を選択せざるを得ない状況
    • 柏は大半の時間を敵陣で過ごすことに成功
    • プレスが嵌まらず、ハイラインの背後を取られまくる
    • 自陣ビルドアップも論外で相手にボールを渡し続ける
    • もはや決壊寸前というところで相手に退場者
  • マリノス
    • 2トップ(ドウグラス・細谷)が相手のCB2枚に勝ち続ける
    • 結果的に相手のCBを退場へ追い込む
    • 2トップが空中戦を勝てたらそのまま攻撃へ
      • セカンドボールを拾う2列目(サヴィオ)が前を向いてプレーできる
    • 勝てなくても、相手に自陣から攻撃をやり直させる
      • 柏がハイプレスを掛けられる状況
    • 開始早々の失点
    • ビルドアップ・ポゼッションを捨てたシンプルなロングボールによる前進
    • ロングボールによる陣地回復
  • 鹿島戦
    • 柏は敵陣でプレッシングを掛けられずにラインが後退
    • ボール奪取位置が低く、ビルドアップで詰まる
    • ロングボールでの前進を目論むも、ターゲットのドウグラス・細谷が相手のCBを上回れずに時間を作れなかった
    • 「鹿島はボールを保持してくるだろう」という戦前の予想に反し、ロングボールで前進される
  • 福岡戦
    • 慶太のプレス耐性の高さが際立ったゲーム
    • 慶太・小屋松のお陰で、サヴィオがビルドアップに加わらずに高い位置での仕事に専念できた
    • 後半は、プレス強度の低下とともに徐々に劣勢も、守備陣の強さを改めて感じるゲーム
  • 名古屋戦
    • 先制したものの、その後はプレスが嵌まらない、ドウグラス不在で空中戦が細谷頼み
    • さすがの細谷も1枚で名古屋CB2枚を相手にするのは分が悪く、時間を作れず
    • 自陣守備の時間が増えて決壊。神スンギュのお陰で何とか1失点で耐える。
    • 後半は、名古屋のプレス強度が低下し、右からの前進でチャンスクリエイト

vs湘南ベルマーレ(2022明治安田生命J1リーグ 第1節)

f:id:hitsujiotoko09:20220220081022p:plain

【5-3-2】プレッシングの継続と湘南の解答

  • 柏はちばぎん杯同様の【5-3-2】を採用し、高い位置で奪ってからのカウンターを目指しました。
  • それに対して湘南は、「柏2トップにコースを限定させないビルドアップ」ハイラインの裏とカウンタープレス」という解答を用意します。
  • 湘南の狙いとして、柏陣地でゲームを進める狙いがあったものと思われます。
  • 理由は、柏の強みが高い位置で密集を作ってからのカウンターである一方、自陣でのビルドアップに問題を抱えているためです。
  • つまり、柏の陣地で過ごす時間を増やせば、柏の強みを消すことができるばかりか、柏の苦手な状態を作り出すことができるのです。
  • 柏の攻略手段として、なるべく柏陣地で過ごそう!』と考えるチームは今後も増加していくことが予想されます。

柏2トップにコースを限定させないビルドアップ

f:id:hitsujiotoko09:20220220083334p:plain

  • 13:30〜、湘南ビルドアップのシーンです。
  • 湘南は最終ラインが幅を取ることで柏の2トップに長い距離を走らせ、コースを限定させないボール運びを行いました。
  • 柏の守備は2トップのプレスをトリガーに、高い位置で密集(コンパクトな陣形)を生み出すことが肝になります。
  •  退場者が出るまでは、2トップがコースを限定できなかったため、中盤でボールが引っかからず、自陣まで撤退を強いられる展開が続くこととなりました。

ハイラインの裏とカウンタープレス

密集を作られたら背後を狙え!(21:40〜)

f:id:hitsujiotoko09:20220220090929p:plain

  • 21:40〜、湘南の最終ラインに自由を与えないため、IHの山田を一列上げて同数で噛み合うプレッシングを試みる柏です。
  • 元々は山田が見ていた茨田を太陽に受け渡し、高い位置での密集を作り出すことに成功します。
  • しかしながら、否が応にもハイラインになる柏は、最終ラインに広大なスペースが存在します。
  • 湘南は、その広大なスペースへシンプルにボールを入れていくことで、柏の密集を無効化、ラインを後退させることに成功します。
密集を作られなくても背後を狙え(25:30〜)

f:id:hitsujiotoko09:20220220092921p:plain

  • 湘南は、マリノスや川崎のようにボール保持に命を掛けているわけではないので、数的な優位はあっても、中々効果的な前進が図られない場面もありました。
  • だからもう、細かいことは気にせずハイラインの背後を目掛けて蹴っ飛ばすことで柏の【5-3-2】を攻略するシーンも見られました。
  • 柏はラインを下げざるを得ないほか、山田・椎橋がセカンド回収に、プレッシングに、と上下動を強いられることになりました。
  • 予め蹴ることがわかっていれば、湘南の2列目もセカンド回収の準備ができます。
  • また、最悪セカンドボールの回収ができなくても、柏は自陣でのビルドアップ・ポゼッションが不安定なため、柏陣地でボール渡してしまえば、勢いそのままカウンタープレスに移行してしまえば、もう一度攻撃に転じること・奪い返すことも可能です。
  • 柏に自陣でボールを持たせるように仕向ける、非常に論理的な戦い方だと感じました。
湘南に退場者が出るまでボールが落ち着かなかった理由
  • 湘南に退場者が出るまでボールが落ち着かずにロングボールが増える展開だったのは、湘南のカウンタープレスを剥がすことができず、柏がロングボールを選択することが多かったからと思われます。
  • ロングボールのターゲットである細谷・ドウグラスもさすがに警戒されていたため、勝率はそれほど高くなかったことから、再び湘南ボールで攻撃が開始されるる展開となりました。

退場以降

  • 退場者が出てから前半終了までは柏が一方的にボールを保持し、湘南が【5-3-1】で撤退する時間が続きました。あれだけ引きこもられると、ポゼッション・ビルドアップで主導権を握ることができない柏としては厳しい展開です。
  • 後半、柏の2点リードによって、湘南が「前に出ざるを得ない」「ボールを保持せざるを得ない」状況になってから、柏の躍動感が増していきますが、やはり、ボールを保持するよりも、奪ってからのカウンターに強みがあることを示した格好です。